いくら食べ物に気を付けても、酵素は消費される?

食べ物から酵素をたくさん摂ろうと工夫をしていても、酵素を無駄遣いしてしまっては意味がありません。

食べたものを消化するためにも酵素は必要になるのですから、慎重に食べ物を選ばかければなりません。

酵素のたくさん入っている生野菜や果物は、その中に入っている酵素を使いながら消化・吸収ができるため、わずかの量しか酵素を消費せずに済みます。

しかし、煮る、焼く、蒸す、揚げるなどで加熱されてしまうと本来含まれていた酵素は激減してしまい、消化・吸収のためにさらに酵素が必要になるので結局はマイナスになってしまいます。

そして現代人のよく食べているカップ麺・ファストフードなどは化学調味料などの添加物が大量に入っており、これらを消化・吸収するためにはたくさんの酵素が体から失われてしまいます。

健康的になりたいから食生活を変えたい、と思っていてもやはり現実的には難しい人が大多数ではないかと思います。

一人暮らしであったり、仕事に忙殺されて外食やジャンクフードで済ませてしまうことは避けられないでしょう。

だから、いつもよりもちょっと食べるものに気をつけたときに、その補助として酵素サプリメントや酵素ドリンクを毎日飲むことで体質改善をより現実的なものにできるということなのです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。